上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
酒井法子の長男は同行した継母と一緒にいるらしいと、宿泊先などを手配した東京・中野の建築解体会社「社長」(71)が明かしたそうです。


「週刊新潮」は酒井法子が逃亡していたことをサンミュージックが知っていたと報道しているようです。


事務所では全く連絡がないと言っていましたし、そもそもこうやって大きくなったのは行方不明で捜索願をだしたことから始まって、それで事務所がいい風に向かったと言うことはないですしね・・・。

弁護を担当する法律事務所の関係者が「3日夕、酒井容疑者のマネジャーに保護していると伝えた。相澤正久社長は知っていた」と証言したそうです。

事務所は「そういう事実は一切ない。法的手段も考えている」と答えたそうです。


人間関係も複雑ですし、いろいろと闇の部分がある様子なのでだれが本当のことを言っているのかわからない感じですね。


継母の行方は分からないなどと言われていたり、酒井法子の子供は同級生の家に預けたなどと言われていましたが、そのご変化があったみたいですね。


今日のグラビア



スポンサーサイト

 | ホーム |  次のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。